他のコンテンツへ

jump to top page

リンク

 可児市では2000年に策定した環境基本計画を見直し,市民・行政・事業者のパートナーシップによる環境まちづくりを進めていくこととしています。

 その柱の一つが里地・里山の整備です。そして,我田の森は,里山整備モデル地区として位置づけられています。

 また,里山クラブ可児では,2008年より市内にキャンパスがある名城大学(都市情報学部)と覚書を取り交わし,我田の森で学生の研修を受け入れているほか,キャンパス内の雑木林の整備に協力しています。

環境パートナーシップ形成のために

 行政関係
  ・可児市環境基本計画(環境課)・・・里山保全については,特に
   第3章1節と第4章2節(里地里山を守り,活かすプロジェクト)
   で述べられています。
  ・協働のまちづくり(可児市まちづくり推進課)・・・具体的には
   若葉台団地での里山若葉クラブによる取組みがあります。

 里山関係市民団体
  ・岐阜森林愛護隊・・・我田の森に隣接した場所に活動地の一つが
   あります。里山クラブ会員で愛護隊に入っている人も少なくあ
   りません。
  ・鳩吹山ともの会・・・可児市鳩吹山で活動する市民団体。登山道の
   整備,観光ボランティア,自然保護,子どもたちの体験学習の
   サポートなどを行っています。

 教育研究機関
  ・名城大学都市情報学部・・・名城可児の森の整備